鷹の台NEWS

2011年8月の記事一覧

鉛筆 保護者の皆様へ(研修会のお知らせ)

絵文字:鉛筆 教職員・保護者合同研修会のお知らせ(思春期のこころの健康とおとなの関わり方について)
      =上尾鷹の台高校 教育相談委員会・PTA生活委員会共催=
 講師:精神科医師 星野 崇啓先生
 日時:平成23年8月27日(土) 9:30~12:00
 場所:本校 5F 図書館      
 
 昨年「鬱」という字が常用漢字に追加され話題になりましたが、本校勤務の丸山相談員によると、最近は小中学生~思春期後半にかけての年代にも「うつ」が増えてきているとのこと。震災後、新聞やラジオで子どもの心のケアの話題を見聞きすることが多くなり、おとなの関わり方の重要性を感じておられる方も多いと思います。そこで、今回は、タイトルのような研修会を企画しました。多くのみなさんのご参加をお待ちしています。

 星野先生は、精神科医でありながら、子どもを心身両面からていねいに診ることのできる、埼玉県でも数少ない医師です。
 県立小児医療センター精神科の勤務を経て、現在はさいたま市緑区にある国立武蔵野学院に勤務なさっています。  
 国立武蔵野学院とは…特に専門的な自立支援・生活指導を必要とする子どもが対象の全寮制の施設です。専門性をもった職員(夫婦)が少人数の子どもと起居を共にしながら指導にあたっています。
 
★参加予定の人数、現在保護者12名、教職員13+α名で、まだまだ余席がございます。ご都合のつく方、どうぞご参加ください。
※申し込みはお電話でも結構です。 TEL048-722-1246