鷹の台NEWS

2015年11月の記事一覧

【2年次】進路分野別ガイダンス


11月19日の5・6時間目、2年次生は希望する進路をもとに約30の分野(語学、看護医療、スポーツ、就職など)に分かれ、ガイダンスに参加しました。

当日は大学・専門学校の講師の先生等にお越しいただき、大学・短大・専門学校で学べることや高校生活のうちでやっておくべきこと、仕事のやりがいや大変さについて等、たくさんの貴重な話を聞くことができました。

栄養・調理分野講師:武蔵野栄養・調理師専門学校
自動車整備分野講師:埼玉自動車大学校

【1年次】校外美化活動


10月23日(金)に、1年次は校外美化活動として、通学路の清掃活動を実施しました。






駅前にはタバコの吸いがらが多かったです。


学校に戻ると、分別作業を行いました。
他の分担場所では、空き缶が多かったようです。

毎日の登校で使っている通学路にあるゴミの量を見て、驚いた生徒もいました。

1・2年次 進路講演会

 11月5日(木)5時限目、1・2年次生を対象に進路講演会が行われました。「専門学校で学ぶための心構え」という演題にて、学校法人後藤学園・広報部広報課参与の干場比古明先生にお話しいただきました。生徒たちは、「①カリキュラム②設備③就職に関して自分で調べること」、「しっかりと勉強すること」、「自己コントロールをできるようになること」といった心構えについて、メモを取りながら聞いていました。講演後、「日頃の学校生活を振り返り、進路実現をしていきたい」といった生徒の声が聞こえていました。
 また、6時限目には保護者・教員を対象に「進学に必要な費用と学費サポート制度について」という演題にて、進路情報ネットワークの十河卓馬氏にご講演いただきました。

 
5時限目:「過去のことではなく、これから先をどうするかが大切」
といったお話もありました。


6時限目:進学費用について、詳しくお話しいただきました。


 

2年次 修学旅行

 10月23日(金)、24日(土)、25日(日)の3日間、2年次生は沖縄へ修学旅行に行ってきました。

 1日目は、糸数ガマ・平和祈念公園・ひめゆりの塔を訪れ、平和学習を行いました。あいにくの雨でしたが、生徒たちは戦争によってもたらされる恐怖や平和の尊さを実感していました。2日目は、体験学習を行いました。天気も回復し、マリンスポーツ・ビーチコーミング・釣り・パインジャム作り・伝統菓子作りを体験しました。3日目は、沖縄らしい青空のもと、首里城見学・国際通りでの班行動を楽しみました。

 沖縄の歴史や文化、沖縄の人々の温かさを肌で感じ、学び、考えた3日間でした。修学旅行から戻ってきた生徒たちの表情は、以前よりもひと回り大人になったように感じます。


1日目:雨の中、平和祈念公園にて。平和の礎の前では、平和セレモニーも行いました。

2日目:体験学習を行いました。写真は、パインジャム作りの様子です


3日目:首里城にて。沖縄の爽やかな風景を、真剣な表情で写真に収めていました。
 

時事通信解説委員長・軽部謙介先生が講演

 本年度5回目の「ようよう夢プラン特別講座」を本校ラウンジで行いました。今回はTBS「サンデーモーニング」などテレビ番組にも出演して活躍なさっている、時事通信社解説委員長の軽部謙介先生が講義をしてくださいました。
   
 時事通信社は日本を代表する報道機関で、軽部先生は編集部門のトップともいえる解説委員長を務めていらっしゃいます。
 軽部先生はこの日、「海外の出来事がなぜ日本でニュースになるのか」というテーマで講義。日本企業の業績・日本国内の暮らしに直結する海外経済や、日本には一見関係ないが人間としての尊厳にかかわる事案、御自身の取材経験などを引き合いに、「判断材料を読者に届けるためにニュースにしています」「そのニュースを見た読者に『そういう見方もあるのか』と思ってもらえたら、私たちが国際ニュースを届ける最大の価値だと思います」と話してくださいました。
 加えて、米ホワイトハウス閣僚や米軍基地取材での失敗談などを交えながら、「国際ニュースを現地の言葉で読めることは大きい。若いうち、やわらかいうちに勉強しないとチャンスを逃してしまう」と、英語学習の重要性も生徒に話してくれました。
 生徒からは「海外の出来事の重要性を実感しました。今後、外国のことに興味や関心を持とうと思います」「日本と海外は常に関わりがあり、日本の暮らしに大きな影響を与えるということが印象に残りました」といった声がでていました。

 軽部先生、本当にありがとうございました。